一人っ子は極端な人がたくさん

こんなタイトル書いてしまった私も実は一人っ子です。一人っ子と聞けば「親が過保護」という印象が浮かぶ人が少なくないかもしれません。実際にその傾向は強いと思います。私も自分の両親、特に母親は異常なほど私へのプライベート詮索が激しく、過保護だと思っていました。しかし、私の周りの一人っ子に比べたら私はかなり「平凡」と言われる領域だと感じます。
ある一人っ子の女の子友達は、今大学院生なのですが、アジア圏に留学しています。実は驚くことにお母さんが心配なので留学についてきてその友達とアパートを一緒に借りて住んでいるのです。多分十中八九の人たちにとってはありえない状況でしょうが、友達にとっては当たり前のようです。「一人っ子だから」と言いますが、それを聞くたび「私もだけど」と突っ込みたくなります。
もう一人の友達は私と同い年の20代ですが、一緒にランチしたりカラオケに行っているとき、毎回30分おきにその友達のお母さんからチェックの電話が入ります。そのたび友達は私とどこで何を食べているかを報告する他、カラオケで何の歌を歌っているかも一々報告します。正直な話ドン引きです。私ならまだ呆れるぐらいで済みますが、もしこれが彼氏だったとしたら相当嫌がられていたに違いありません。
家庭の在り方は人それぞれで良いと思いますが、正直な話自分の親がそこまで極端な「一人っ子親」でなくて良かったと思うことがたまにあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です